HOME>トピックス>様々な被害例も!気付いたらすぐにコウモリ駆除をしよう

様々な被害例も!気付いたらすぐにコウモリ駆除をしよう

こうもり

コウモリによる被害

日本に生息するコウモリの種類にはキクガシラコウモリやクビワコウモリなどのコウモリが33種類ほど生息しており、よく目にするのはアブラコウモリです。アブラコウモリは人間の住んでいる家に住み着くコウモリであり、成獣になっても人の指に大きさ程にしが成長しないので、ちょっとした隙間でも入ってきます。屋根裏や天井裏などの薄暗い場所に住みついたり倉庫やシャッターの中にも住み着いてしまい、様々な被害を与えてきます。コウモリ被害の多くはフンによるものが多く悪臭を放つ以外にも、フンの中に含まれる各種の細菌類によって感染症になる可能性があります。フンをエサとするハエやゴキブリといった害虫を寄せ付けるために、害虫による二次被害も懸念されるので早急にコウモリ駆除をする事が大切です。

蝙蝠

駆除と対策が重要

コウモリが家に住み着いてしまう事によってフンの被害であったり、フンを食べるハエやゴキブリの発生といった二次被害が懸念されます。コウモリ駆除をするためにはどこから家の中に侵入しているのかを調べる必要があり、適切に処置をして完全にコウモリ駆除をする事が大切です。外壁に開いた穴であったりエアコンのパイプが通っている穴の隙間であったりと、わずかな隙間も侵入経路となってしまいます。コウモリは出入り口の近くにある壁のひっかき傷であったり、コウモリのフンを目印として探すので駆除にあわせてそれらの対処をする必要もあります。コウモリ駆除の専門業者であればコウモリの特性をしっかりと理解した上で駆除する事ができるので、コウモリによる被害を拡大させる事無く駆除ができます。